多様な木粉

木粉についての基礎情報を整理しました。

《読み方》

感じでは木(き)に粉(こな)と書き「木粉」です。読み方は「もくふん」と読みます。

《大きさ》

「おが粉」と「木粉」がよく混同されますが、一般に、木粉はおが粉よりもさらに小さく、粒子の形状が安定しています。

細かい粒度の木粉は、まるで「きなこ」のようです。

とはいえ、弊社ではおが粉やチップ状の粒子が大きく・品質の安定した「木粉」にも製造対応可能です。

《参考:木片粒子の大きさによる名称区分》

・チップ :5mm以上

・おが粉 :1mm~5mm

・木粉  :1mm(1,000μm以下)

※当社においてさまざまな木質素材を呼ぶときの区分です

《機能》

基本的に材料である木材の性質・機能を持っています。天然・自然素材ですので安心安全です。

①吸水性

②消臭性

③断熱性

④抗菌性 ※樹種によります

⑤生分解性 ※他素材との混合・混錬により耐腐朽性の付与も可能です

《活用方法》

さまざまな用途に用いられる木粉の、代表的な活用・加工方法は下記の通りです。

①混ぜる

木粉は粉末のため、他の素材と混ぜ合わせることによって「木の性質の付与」「増量材」などに使用できます。

②成分の抽出

小さくなることで表面積が大きくなるため、木質に含まれる成分抽出や化学反応を行いやすくなります。

用途に合わせた木粉を供給できますので、新商品開発、研究開発段階でも忌憚なくご相談ください。