とくしま林業アカデミー実習用丸太 ⇒木粉化して研修施設「木舎」に木の塗り壁として活用!

徳島林業アカデミーの研修施設「木舎」に、木の塗り壁Mokkun那賀を導入いただきました! 施設や取り組みなども併せてご紹介させて頂きます。

とくしま林業アカデミーとは

徳島県では、県産材の更なる増産と利用の拡大を目指す「新次元林業プロジェクト」がH27よりスタート。 豊かな森林を未来につなげるため、植える、育てる、収穫するという森林サイクルを定着させる「林業」をしっかり学び、「地域の活性化」を担う人材が強く求められています。 「とくしま林業アカデミー」では1年間講義や実習などをおこない専門的な資格を取得し、林業の即戦力となる人材育成を行っています。条件を満たせば、アカデミーでの研修期間中も月額12.5万円の給付金が支給されます。 ↓参考 とくしま林業アカデミーパンフレット (Web:http://www.forest-tokushima.or.jp/academy1.html ) panfu4-1 panfu4-2 今後の研修の拠点として、林業アカデミーの研修施設「木舎(もくしゃ)」が建設されるにあたり、建築材料の一部に徳島県産材活用の「木の塗り壁Mokkun那賀」を導入頂きました!

実習用丸太を活用

木舎の建設現場でもある、とくしま林業アカデミーの実習場では生徒のみなさんが実習で伐採した原木やチェンソー講習の際に切ったタンコロ、丸太などが積まれていました。このまま使われないのはもったいない!

DSC_2636

林業アカデミーの実習で使用された 原木・丸太・タンコロなど

そこで、塗り壁の材料にはこれらの実習で使用したタンコロ・丸太などを使わせて頂きました! 用材などとしては製品化が難しいこのような材料も、粉砕加工して木粉化することで「木の塗り壁Mokkun那賀」として地域産の建築材料として活用できます! 加工・製品化は丁寧に進めていきます。(以下参照)

mokushamokkun03

杉材料を積み込みます

DSC_2767

那賀ウッド工場に運び、まずは薪状に割ります

DSC_2972

樹皮(バーク)を除外し、乾燥させます

DSC_2973

乾燥後に破砕機・粉砕機に投入して木粉に加工します

DSC_3784

粉砕された杉木粉(左)に自然素材を配合して「木の塗り壁Mokkun那賀」の完成!

林業アカデミー研修施設「木舎」

地域材、そして実習で使用した材を活用した「塗り壁」の材料が完成した後は、いよいよ施工です。 左官屋さんの技術によりきれいに仕上げて頂きました。コテで仕上げる分クロス(壁紙)に比べて手間はかかりますが、手仕事ならではの風合いや味が出るのは素敵なところです! 杉の優しい色合いにも癒されます(^^) 調湿性能、消臭性能、不燃性能、蓄熱性能など、木粉を使うことで木の優れた機能性も発揮します! 完成時にご了承を頂き中を撮影させて頂きました!

mokushamokkun17

木舎 屋根かっこいいです!

mokushamokkun08 mokushamokkun09 mokushamokkun10 mokushamokkun11 mokushamokkun12 mokushamokkun13 mokushamokkun14 mokushamokkun15 mokushamokkun16

mokushamokkun17

天井 かっこいいです!

写真だけでは伝えきれない部分ございますので、是非現地にてご覧ください! 写真スキルをもっと上げていきたいです(^_^;) 徳島の林業の担い手さんがしっかりと学んでもらえると嬉しいです。

追伸 徳島新聞にも林業アカデミーの記事が掲載されていました!

Follow me!