那賀町版「木の駅」開始!木粉にも加工!

木を持ってきてくれたら買い取る仕組み

DSC_2687

那賀町板「木の駅」プロジェクト始動!

平成29年度に那賀町にて「木の駅」実証事業を行います。木の駅とは、間伐材や林地残材を地域通貨(商品券)と交換し、地域内の登録商店で消費することにより、素人も玄人も一緒に「山と地域を元気にしていこう」という取り組みで、全国60以上の地域でも行われています。

事業の目的

・森林の整備推進、集落周辺の山地環境改善の促進

・商品券による地域経済への貢献

・小規模・副業的自伐林業の育成、素材生産量の拡大

かかわりかた

・出材者: 材の搬出、所有する山林の管理と併せて、地域通貨(商品券)を獲得

・購買者: 木製品の原材料として材を購入する(那賀ウッドなど町内木材加工事業者)

・商店主: 店舗の広報、新規顧客獲得のチャンス

・運営者: 山と人をつなげます(木頭すぎバイオマス利活用推進協議会、商工会など)

05_kinoekinaka+

那賀町版 木の駅事業概念図

出材方法

本年度の実証に使用する「木の駅」集積場は、木頭森林組合本所前の春森土場(那賀町大戸字春森36)です。

1.木材の規格

・ 針葉樹、広葉樹(樹種を問いません)

・ 材のしっかりしたもの(枝はらいしたもの、曲がりOK)

・ 長さ50~400センチ

・ 末口 5センチ以上

2.出荷方法

・ 木頭森林組合窓口で計量を行い、計量表を受け取る

・ 森林組合春森土場に並べる。異なる樹種がある場合は分ける

・ 山主と異なる者が出荷する場合は、山主の承諾を得なければならない

・ 今回の受付期間は、平成30年2月28日までとします

.換金方法

・ トンあたり5,000円を目安にしています

・ 計量伝票により森林組合窓口で現金を受け取る

・ 換金額の半分は地域通貨「那賀も券」としてお支払いします

DSC_2685

木の駅 チラシ

那賀町内の登録店

町内のたくさんの商店でご使用頂けます!

DSC_2686

なかモリ券 登録商店一覧

徳島新聞にも掲載

DSC_2690

徳島新聞 木の駅記事

木材の多様な活用推進に向け、加工事業者として精一杯取り組んで参りたいと思います。

宜しくお願い致します。

Follow me!