単なる副産物であった従来の『木粉』は、建築資材の製材過程や取り壊し木材のリサイクル過程で副産物として生成されていたため、

不純物の除去や粒度調整が困難で、素材としての要求規格の高度化に対応しにくくなっていました。

そこで私たちは「品質」を加える、木粉2.0化を進めています。

 

《品質》

  • 徳島県産スギ100%の純国産製品(SGEC森林認証材)
  • 原料は生産地が明確な製材端材や背板のみ(徳島県リサイクル認定製品)
  • 解体材不使用だから、粘着剤、防腐剤、アスベスト、鉄くずなど不純物混入無し

 

《機能》

基本的に材料である木材の性質・機能を持っています。天然・自然素材ですので安心安全です。

①吸水性

②消臭性

③断熱性

④抗菌性 ※樹種によります

⑤生分解性 ※他素材との混合・混錬により耐腐朽性の付与も可能です

《大きさ》

「おが粉」と「木粉」がよく混同されますが、一般に、木粉はおが粉よりもさらに小さく、粒子の形状が安定しています。

細かい粒度の木粉は、まるで「きなこ」のようです。

とはいえ、弊社ではおが粉やチップ状の粒子が大きく・品質の安定した「木粉」にも製造対応可能です。

「参考」:木片粒子の大きさによる名称区分

・チップ :5mm以上

・おが粉 :1mm~5mm

・木粉  :1mm(1,000μm以下)

※当社においてさまざまな木質素材を呼ぶときの区分です

 

《活用方法》

さまざまな用途に用いられる木粉の、代表的な活用・加工方法は下記の通りです。

①混ぜる

木粉は粉末のため、他の素材と混ぜ合わせることによって「木の性質の付与」「増量材」などに使用できます。

②成分の抽出

小さくなることで表面積が大きくなるため、木質に含まれる成分抽出や化学反応を行いやすくなります。

 

用途に合わせた木粉を供給できますので、

新商品開発、研究開発段階でも忌憚なくご相談ください

 

あらゆる用途への最適化が可能な、たった一つの木粉素材です。

  • スギ材以外にも、竹粉、バーク(樹皮)粉など、あらゆる地域材の木粉化にも対応
  • 50μm~1,000μmまでの幅広い粒度規格(別途、ペレット加工やチップ加工も可)
  • 原料の調達ミックスにより、数種類の色指定も可能
  • 水分の乾燥技術で15%以上の比重軽量化を実現。製品製造時の原料歩留りが改善します。
  • どのような地域、用途、量でのご要望にも、試作テストや出荷など対応いたします。
  • 木材生産現場や森林組合、地域との協力で、原料調達と木粉供給の安定化を実現。

 

《その他詳細》

アスペクト比 / かさ比重・密度 / 原材料

水分量 / 粒度(大きさ) / 製造フロー・品質管理

 

 

当社木粉製品の用途実績

  • ベンチ
  • 階段、ステップ
  • 遊具
  • 防護柵
  • 側溝蓋(グレーチング)
  • 囲い、壁版
  • デリネーター(視線誘導標)
  • ウッドデッキ
  • ねんど
  • 塗り壁
  • うちわ、扇子
  • 発酵浴
  • 線香
  • ネコ砂
  • 木粉ボイラー
  • 災害時用使い捨てトイレ(簡易トイレ)
  • 油脂吸着剤
  • 木質ペレット(ストーブ・ボイラー燃料)
  • セルロースナノファイバー(CNF)
  • リグノフェノール