三重大学発表の新素材「LNCC」に当社製木粉が使用されました

三重大学より、「セルロースナノファイバー(CNF)」の実用性を高める新素材として「ナノセルロース・リグノフェノール複合体(LNCC)」の開発についてプレスリリースがありました。

CNFは、鋼鉄の5倍の強度を持つなどの高い機能性を持つものの、プラスチックなどの樹脂と混ざりにくいという特徴があります。しかしながら、LNCCは樹脂になじむため、プラスチックと混ぜると軽量かつ高強度の素材となり、建材や航空機・自動車など工業製品の原料としての適用が見込まれています。

このLNCCは、那賀ウッドから原料となる木粉を供給させて頂き、那賀町内の実証プラントで製造されました。

那賀町の森林資源が新素材の開発に貢献でき大変うれしく思っています。

参考リンク(三重大学記者会見発表)

Follow me!